シルバニアファミリービエンナーレ2017

Sylvanian Families Biennale 2017

 

2017年1月22日(日)- 2月19日(日)

14:00 ~ 19:00 *木金土日のみオープン

オープニングレセプション:1月22日(日)14:00 ~ 18:00

 

curated by 井出賢嗣 Kenji Ide

 

磯谷博史 Hirofumi Isoya

井出賢嗣 Kenji Ide

今津 景 Kei Imazu

臼井 良平 Ryohei Usui

碓井ゆい Yui Usui

大野晶 Hikari Ono

千葉正也 Masaya Chiba

FM ( 福永 大介 & 松原 壮志朗 ) (Daisuke Fukunaga & Soshiro Matsubara)  万代洋輔 Yosuke Bandai

平山昌尚 Masanao Hirayama

眞島 竜男 Tatsuo Majima

和田昌宏 Masahiro Wada

Workstation.

 

協力:AOYAMA|MEGURO , Shugo Arts , TARONASU , Tomio Koyama gallery ,    無人島プロダクション , 山本現代、

 

 

【お問合せ】

XYZ collective Director : COBRA

Email : xyz.cobra@gmail.com

Adrress : 170-0002 東京都豊島区巣鴨 2-13-4-B02

URL : http://xyzcollective.org/

 

 

 

 

 

Perspectives

 

2017年1月24日(火)- 3月26日(日)

会場:インターメディアテク3F 「バルコニー(HOMAGE)」

主催:東京大学総合研究博物館インターメディアテク研究部門

 

www.intermediatheque.jp

インターメディアテク

千代田区丸の内2-7-2 KITTE 2-3F

KITTE 2-3F, 2-7-2 Marunouchi,Chiyoda-ku,Tokyo

 

 

 

 

 

 

OPEN STUDIO

 

10/15, 10/30, 11/6
13:00–18:00

〒252-0328 相模原市南区麻溝台6-18-9

 

旧スタジオでグループ展をします。都心から離れた

たまご街道沿いのスタジオにぜひお越しください。

 

 

 

 

 

「Welcome to the AWESOME MANSION

 

山本現代が9月10日より品川エリアに新設される

Terrada Art Conmplex へ移転いたします。

そのこけら落としとなるグループ展に参加いたします。

新作を数点展示する予定です。是非ご高覧ください。

 

2016年 9月10日(土) — 10月15日(土)
オープニングレセプション 9月10日(土) 18:00–20:00

 

山本現代

〒140-0002 東京都品川区東品川1-33-10

TERRADA Art Complex 3F

tel&fax. 03-6433-2988

i@yamamotogendai.org

 

[開廊時間]

火水木土:午前11時~午後6時

金:午前11時~午後8時

日・月・祝日 休廊

 

 

山本現代のブースで作品を展示します。

1B19 Yamamoto Gendai

www.artbasel.com/hong-kong

 

Venue

 

Hong Kong

Convention & Exhibition Centre

1 Harbour Road

Wan Chai

Hong Kong, China

 

 

Opening Hours

 

Private View (by invitation only)

Tuesday, March 22, 2016, 3pm to 8pm

Wednesday, March 23, 2016, 1pm to 5pm

 

Vernissage

Wednesday, March 23, 2016, 5pm to 9pm

 

Public Days

Thursday, March 24, 2016, 1pm to 9pm

Friday, March 25, 2016, 1pm to 8pm

Saturday, March 26, 2016, 11am to 6pm

 

 

'Repatriation' Oil on canvas 227.3 × 486.0 cm 2015

山本現代で個展「Repatriation」を開催いたします。

今回の個展では展覧会タイトルと同じ「Repatriation」という5m近くの大作を中心に、200号、130号といった大きめの作品を並べる予定です。

近年テーマとしている破壊、盗難、流出する不安定な存在としての文化財をモチーフに、ネット上では可視化されるそれらのモノを絵画へと変換し描き出していく作品群となっています。

会期は二週間と短めになっていますが、ご都合よろしければぜひ足をお運びください。

 

「Repatriation」

2016年1月16日(土) — 1月30日(土)
オープニングレセプション 1月16日(土)午後6時 - 8時

 

山本現代

108-0072 東京都港区白金3-1-15-3F

tel&fax. 03-6383-0626

i@yamamotogendai.org

 

[開廊時間]

火~土:午前11時~午後7時

日・月・祝日 休廊

 

 

多摩美術大学80周年記念展

2015106日(火) — 1017日(土)

1011日(日)のみ休場

多摩美術大学絵画東棟ギャラリー

 9:00—19:30

 

新作を2点展示致します。

 

 

 

「execution」

今津景 × 小林耕平

Kei IMAZU × Kohei KOBAYASHI

 

2015611日(木) — 627日(土)

山本現代

108-0072 東京都港区白金3-1-15-3F

tel&fax. 03-6383-0626

i@yamamotogendai.org

 

[開廊時間]

火~土:午前11時~午後7

日・月・祝日 休廊

 

©Kouhei KOBAYASHI 殺・人・兵・器/左右の仲を裂く・前後の中を取り持つ兵器 2012

©Kei IMAZU  Drawing 2015

 

Flash Art

302 May – June 2015

 

Review

Broken Image , YAMAMOTO GENDAI

 

美術手帖

20156月号

 

 

PRUDENTIAL EYE ZONE

 

ArtScience Museum, Marina Bay Sands, Singapore

3 April - 28 June, 2015.

 

 

The Prudential Eye Zone is a curated selection of works by 17 contemporary artists from Indonesia, Japan, Korea, Malaysia and Singapore. These South-East Asian countries all have thriving art scenes and the exhibition features works that range across video and digital art, installation, sculpture, painting and photography.

 

The Prudential Eye Zone, co-curated by Serenella Ciclitira, Honor Harger, YoungJoo Lee and Korean musician T.O.P highlights the diversity of contemporary art from Indonesia, Japan, Korea, Malaysia and Singapore. The exhibition invites viewers to tease out both links between the works of artists from these countries as well as different local inflections and nuances.

シンガポールのアートサイエンスミュージアムで行われる

PRUDENTIAL EYE ZONE」に新作を出品致します。

近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

 

kei imazu 'Broken Image' Prudential Eye Zone  at artscience museum
kei imazu 'Broken Image' Prudential Eye Zone  at artscience museum

山本現代のブースで作品を展示します。

https://www.artbasel.com/en/Hong-Kong

 

Private View

Friday, March 13, 2015, 6pm to 9pm (by invitation only)

Saturday, March 14, 2015, 12 noon to 4pm (by invitation only)

Sunday, March 15, 2015, 12 noon to 1pm (by invitation only)

 

Vernissage

Saturday, March 14, 2015, 4pm to 9pm

 

Public Days

Sunday, March 15, 2015, 1pm to 8pm

Monday, March 16, 2015, 12 noon to 8pm

Tuesday, March 17, 2015, 12 noon to 5pm

山本現代のブースで作品を展示します。

http://artfairtokyo.com/

 

Public Open:

March 20 Fri. 11:00-21:00

March 21 Sat. 11:00-20:00

March 22 Sun. 10:30-17:00

 

First Choice:

March 19 Thu. 16:00-18:00

 

Opening Preview:

March 19 Thu. 18:00-21:00

 

Press Preview:

March 19 The. 16:00-21:00

 

※First Choice and Opening Preview and Press Preview are for invited guests only.

※Last admittance: 30 min. before closing.

Broken Image

Berlin 1943 - 1945

Oil on canvas

100.0 × 80.3 cm

2014

 

第二次世界大戦中にベルリンの美術館への爆撃によって破壊されたカラヴァッジオ による「聖マタイと天使」、 同じく爆撃を受け修復されたシリアのテル・ハラフ遺跡より出土した石像

Broken Image

 

15.02.28 — 15.03.28

Opening Reception 15.02.28 ,  6pm - 8 pm

at

YAMAMOTO GENDAI

3-1-15-3F, Shirokane, Minato-ku,

TOKYO 108-0072 Japan

T.81 (0)3-6383-0626

i@yamamotogendai.org

 

Tue.-Sat. 11:00 - 19:00

closed on Sunday, Monday and National holiday

 

 

Press Release

 

YAMAMOTO GENDAI is pleased to present Broken Image, a solo exhibition by an emerging Japanese painter Kei Imazu (b.1980).

Imazu has been working in the media of painting throughout her career, developing a distinct methodology to digitally combine miscellaneous images she collected in her everyday life as well as numerous found images on Internet. She makes artistic decisions largely on computer, even to the articulation of brush strokes, and then paints the actual canvas using the generated picture as reference. As modern painters reached revolutionary perspectives such as Impressionism and Cubism through deconstruction of paintings provoked by the emergence of photography, Imazu seems to have succeeded in decomposing “painting” and emphasizing the "presence" of motifs by utilizing digital image processing.

For the new works in this exhibition, the artist specifically selected an abandoned Buddha statue during Haibutsukishaku Undo(19th century anti-Buddhist movement), lost or demolished paintings during war, and images related to iconoclasm among others. Such selection of motifs is an outcome of the artist's understanding that "once a human shape becomes turned into an image under a certain idea, its essential impression remains unaffected even if its appearance are changed to some extent", which she began to develop when she came across a Buddha statue damaged in Haibutsukishaku and a replica of worm-out Fumie (a plate with crucifix to be stepped on in order to prove oneself a non-Christian in the 17th century Japan). As well the artist's firm intension to "directly capture images with various histories picked from Internet appear as they are broken" has lead to her new exploration of motifs.

Imazu illustrated the standing statue of Tathagata of Toshodaiji Temple damaged in Haibutsukishaku in Standing Tathagata (2015), a Syrian stone statue and Caravaggio's Saint Matthew and the Angel, which was destroyed during bombing to a Berlin museum during the World War II, in Berlin 1943-1945 (2015) to name a few from this exhibition. Both paintings have dissolving images loosely retaining their original forms over white background. According to the artist, she has been "interested in the shift in recognition to occur when the original forms collapse into material of paint", and the effect of such shift on our perception is substantial. This is where what Merleau-Ponty calls "essence" emerges, allowing us viewers to face "painting" in delight. Looking closely at the background of the paintings, one would realize they are not the areas left unpainted but fully painted in white, due to the artist's intention to emphasize "presence" of images as matters rather than as "concepts".

While Nude Colors (2015) in the exhibition has been created through the artist's exploration of nude figures that have been repeatedly dealt with in the history of painting. The paintings that do not have white backgrounds including Nude Colors have depth and extension of space into the picture. In these pictures in which time axis and histories are overturned, reconstructed and blended, one would find the joy of a sort of riddle solving and sense the rawness of texture reminiscent of human skin, created by accumulation translucent and opaque paints.

Presenting the artworks whose strength of presence outstands through iconoclasm along with the artist’s vision to reinterpret the history of painting, this exhibition will be a great opportunity to witness the rare talent of Kei Imazu.

 

 

 

今津景 個展

2015年2月28日(土) — 3月28日(土)
オープニングレセプション 2月28日(土)午後6時 - 8時

 

山本現代

108-0072 東京都港区白金3-1-15-3F

tel&fax. 03-6383-0626

i@yamamotogendai.org

 

[開廊時間]

火~土:午前11時~午後7時

日・月・祝日 休廊

 

 

プレスリリース

 

 今津は一貫して絵画を制作してきました。初期の作品から今日までの制作方法で非常に特徴的なのは、作家が集めた画像等を一度コンピュータに取り込み、あるいはインターネット上に散らばっている無数の画像を集め、それらを重ねたり組み合わせたりし、ストロークの編集までをもコンピュータグラフィックス(CG)で決定した後に、その図を改めて油彩でキャンバスに描き直す点です。

 近代の絵画が写真技術の発生に触発され、絵画を解体し、印象主義やキュビズムなどの全く新しい視線を獲得したように、今津の絵画はCGと出会い、「絵画」を解体し、むしろモチーフの「存在」を立ち上がらせているように見えます。

 

 今回の新作では、廃仏毀釈によって遺棄された仏像、紛失や戦争で消失した現存しない絵画作品や、イコノクラスムに関する図像が意識的にモチーフとして選ばれています。これは昨年、今津が廃仏毀釈運動で破壊され朽ちた仏像や「踏み絵」のレプリカに出会った際に「人の形は一度理念を持って像に表されてしまったら、姿かたちが変化したとしても、本質としてのその印象は変わることなく存在していくのだと思」ったことに端を発しています。また、「インターネット上から拾われた様々に歴史のあるイメージが、壊れたまま立ち上がっている状態を絵画に」したいという強い考えから、新たに展開され始めました。

 

 今展で発表される「Standing Tathagata」には、廃仏毀釈運動で壊された唐招提寺の如来仏像が、「Berlin1943-1945」には第二次世界大戦中にベルリンの美術館への爆撃によって破壊されたカラヴァッジオによる「聖マタイと天使」*1と、シリア製の石像*2が描かれています。いずれも白地の画面上に、現存中の形を留めつつ溶解しているかのように見える図像が描かれています。

 「元来のイメージが崩れていき“絵の具”という物質になる時に起こる認識のズレに興味がある」と今津が言うように、そのズレが私たちの知覚に引き起こす震動は大きく、そこに立ち現れるのはメルロ・ポンティが言う、「本質」であり、私たちに今、改めて「絵画」と対峙する悦びを与えてくれます。

 また、背景に注目してみると、そこは塗り残されている地ではなく、白い絵具によって塗り込められていることに気付きます。これは、今津が対象(あるいは図像)を「概念」として扱っているのではなく、ものとしての「存在」を際立たせる意図によることが分かります。

 

 今展で同じく発表される「Nude Colors」は絵画史上で描かれてきた裸像を再考する為に描かれた作品ですが、この作品のように背景が白でない作品では、キャンバスの奥に向かって拡がりを持った世界が描かれています。時間軸、歴史などが解体、再構築され、混ぜ合わせるように画面に留められた像からは、一種謎解きのような面白さと、透明、不透明の絵具の重なりによって生まれる肌の質感のような生々しさが感じられ「離れて持つ」*3—眼で触る—面白さがあります。

 

 このように、今回の展覧会ではイコノクラスムの中で存在の強固さを際立たせている作品と、絵画の歴史を再解釈する今津の視線とが共に展示され、今津景という希有な作家の力量を存分に堪能できるまたとない機会となっております。是非ご高覧下さい。

 

 

*1 爆撃により消失。画像のみ現存。

*2 紀元前10世紀製、テル・ハラフより出土。爆撃で破壊後にパーツが繋ぎ合わされ現存。

*3 メルロ・ポンティ, 滝浦静夫・木田元訳(1966)「眼と精神」p.263 l.13 1966、みすず書房。

タグチヒロシ・アートコレクション パラダイムシフト

てくてく現代美術世界一周

2015年 2月3日(土) — 5月17日(日)

岐阜県立美術館

午前10時—午後6時(入場は午後5時30分まで)

休館日/月曜日(祝日の場合は翌日休館)

 

→岐阜県立美術館

©大木裕之

BAZAAR

ART

 JAKARTA

 2014

BAZAAR ART JAKARTA 2014に

 山本現代のブースから出品致します。

 

VERNISAGE

JULY 17, 2014

07.00 PM

 

OPEN FOR PUBLIC

JULY 18—20, 2014

 

VENUE

BALLROOM THE RITZ-CARLTON JAKARTA PACIFIC PLACE

 

ADDRESS

Sudirman Central Business District (SCBD)

Jalan Jenderal Sudirman No.52-53

Jakarta 12190

Indonesia